長期投資のコントロールと対応

長期投資を行おうと考える時、最も重要になるポイントの一つがリスクコントロールと問題が発生した時の対応方法です。まずは長期投資におけるリスクのコントロールというものについて考えていきたいと思います。

長期投資を行う時、やってはいけないのは投資に回す資産をすべて同じ投資先へと投資することです。一つの先に投資を行うとどうしてもその先に問題が発生してしまったときのリスクが大きくなってしまうので、せっかくの長期投資によるリスクの低さがムダになってしまうことが考えられます。そのため、長期投資の投資先は一箇所ではなく、何箇所かに分散して行うようにしましょう。これをポートフォリオの拡散といいます。

そういった拡散を行っているということを前提として、もし投資先の内一つの先に問題が発生した場合にはどのように対応するのが良いでしょうか。例えば株式投資の場合、投資先の一つの株式相場が下がっているというような場合です。このような場合、慌てて売ってしまうというのはあまり良い方法とは言えません。

短期投資の場合には下げ相場になった時に売却するのは一つのリスクヘッジの方法として有効ですが、長期投資の場合にはむしろ損をする可能性が高くなります。

以下もご参考までにどうぞ。
長期投資を志す方必見のブログはこちら

積立保険を後悔しないように活用する

積立保険を利用していく際に、積立をしていくのだから後悔せずに利用していきたいと思う人が多いと言えます。
後悔しないように利用していくためには当然長期的に、そして計画的に利用していく必要があります。
後悔をしてしまうと、それまで積み立ててきた分も効果的に利用することができなくなり、非常にもったいないことになると言えます。

そのため後悔しないように、最初から計画的に積み立てていき、長期になっても大丈夫なような保険を選択していくべきです。
このようなことから気分で選んでしまうようなことがあると、その時は良くても、暫く経過してからデメリットが目立ってきてしまったり、あるいはあまり効果的ではないことがわかってしまうことがあります。

納得できなければすぐ解約すれば良いと考えることもできますが、そのようなことをすると、損をしてしまうこともあると言えるので、すぐに解約すれば良いとは考えず、自分でしっかり考えて、積立保険を利用していく必要があります。
積立保険について知ることができないと、大きな後悔の原因を自分で作ってしまっているものになります。
このような状況になってしまわないように積立投資を利用をしていきたいものです。

生命保険が必要ない人も存在する

皆さんは生命保険に加入していますか?恐らく多くの人が何かしらの生命保険に加入しているのではないかと思います。日本ではそれほど生命保険というのは重要性が高いものだと考えられているのですが、ここではこの生命保険の必要性について考えなおしていきたいと思います。

というのも、生命保険というのは万人に必要なものか?という疑問があるためです。そもそも生命保険の定義というものが難しくなってくるのですが、ここではあくまでも死亡時に保険金が振り込まれる保険のことを生命保険として考えていきましょう。
この場合、明らかにこの保険が必要ではない人が存在します。それは、自分が死亡したとしても、金銭的に困窮する人が存在していない人です。それもそのはず、死亡時に保険金が振り込まれるというシステムなのですから、自分の死後にそれを受け取る人がいない人が生命保険を掛ける必要は全くありません。皆無です。

というと、特約が存在しているために生命保険をかけている、という反論もあることでしょう。しかし、そういった特約というのも、多くはそれほど重要であるとはいえません。それらの多くは健康保険でカバー出来るものとなっていますから、規約を確認してみましょう。

海外業者の口座に積立をすると・・・

日本の投資信託なのですが、利回りの面で不満を感じる人も少なくないようです。確かに銀行の普通預金と比較しますと格段の差なのですが、それでも海外の銀行に普通口座を作っているのとさほど変わらない利子しかくれないという業者も少なくありません。投資というリスクを背負っている以上は、できればより多くの利子をくれるところを選びたいものです。

投資の利回りを重視しますと、海外投資に勝るものはありません。海外業者の利回りは日本の業者のものよりリ格段上の印象を受けます。その理由ですが、日本の金融業者はゼロ金利からの影響が大きいですね。あれ以来日本の銀行は利子を雀の涙ほどしか出さなくなりましたし、投資信託の利回り設定も低額になってしまいました。

海外投資は銀行の利子が高い国がおこなうと非常に効率が高まります。特に積立投資というものは複利があります。利子が次の取引きに活かされてさらに高額の利子が得られるというのが複利の仕組みです。この複利につきましても、ベースの利子率が高いとより一層資産を増やしやすくなりますので、海外業者の口座で取引きをしますと、より効果の高い投資となりやすいのです。少ない資産からでも積立投資なら簡単に増やせるのでお勧めですよ。

お金を貯める養老保険

もしもの時のために保険に加入する人は多くいますが、死亡保険金が受け取れる死亡保険に加入する人もたくさんいるようです。

この保険の保険料は、老後の生活資金を蓄えようとする人にとって高い場合、生活のへの負担となることが多くなるといわれています。そのことから、この負担を軽くするために、保障と貯蓄ができる保険の加入を検討するといった人が見られるようになっています。

このような機能をもつ保険には養老保険があります。この保険は、死亡保険と貯蓄機能がついた保険で、もし保険期間中に死亡した場合、保険金が支給されるようになるといわれています。

また、保険期間が終わった場合には、満期で満期金を受け取ることができるようになるため、貯蓄として活用するには最適な保険として人気が上昇しているようです。今後、日本は公的年金の不足によって老後の生活が厳しくなるといわれています。そのようなことから、養老保険は、保険による安心と貯蓄による将来の安心が得られる保険として人気が上昇しているようです。

この保険は、お金を貯めることができる保険として、今後注目されるようになり、老後の安心を得るための新たな貯蓄方法として期待されるようになっています。

需給バランスをしっかり把握しておく

投資用マンションの選択というのは、マンション投資において最初の一歩であり、最大の一歩でもあります。マンション投資を成功させるためには投資用マンション選びについて特によく考えなければなりません。これに失敗してしまうと、その後取り替えしていくのはなかなか難しくなるためです。では、投資用マンションとして高い効果を持っているのはどんな物権ということになるでしょうか?

重要なのは、投資効果が高い物件となります。なかなか難しい所なのですが、居住用マンションとしては優れていても投資用マンションとしては優れているとは限りません。というのも、需要と価格のバランスというのが特に重要性を持っていることになるためです。

市場原理の基本として、需要と供給のバランスによって相場が決定される、という神の見えざる手という理論が存在しています。これは不動産についても同様であり、需要がなければ相場というのは下ってしまいます。ここでいう相場というのは購入にかかる費用と、賃貸料として設定して客が入る費用の両方を意味しています。当然、需要が高まればこの両方が高まることになりますが、前者の方が伸びがよい物件は投資家にとってはプラスとはなりにくいということです。

投資信託は分散投資をしてリスクを抑える

個別で株式を買うとなると、1銘柄数十万円、数百万円とするので、現実的に複数銘柄を購入することは難しいでしょう。せいぜい2、3銘柄買えれば万々歳です。しかし、投資信託はたくさんの投資家から少しずつ資金を集め、その集まった資金を元に国内外の株式や債券、不動産、資源などに対して投資を行います。幅広い選択肢の中から投資ができる上に資金の投資方法としてあらゆる金融商品に分散投資を行いますので、投資信託は個別での購入に比べて効率的に投資ができます。

投資において分散投資は常套手段と言われています。分散投資をすることで資産の目減りリスクを抑えることができるのです。
たとえばA社にありったけの資金を投じたところで、仮にその企業の業績が下がってしまえば株価も下落してしまいますので、買った株の価値は下がってしまいます。最悪そのまま業績が悪化してしまい、倒産してしまったら、買った株の価値は失われてしまうので、資産も失ってしまうということになります。

しかし、A社だけでなく、B社、C社と複数の企業の株式を所有していれば、仮にA社の株価が下がったり倒産してしまっても、残りのB社とC社の業績がそのままであれば資産の目減りは抑えられます。これが分散投資のメリットです。

分散投資を活用してみる

投資につきものと言えばリスクです。

「たら」「れば」などと言い出したらキリがないのですが、もしも投資にリスクが無ければ誰もが投資を行うはずです。
メリットだけであれば投資は素晴らしいものですが、リスクがあるのです。ハイリスク・ハイリターン。それが投資のある種の「鉄則」でもありますので、投資をと考えるのであれば、その点までしっかりと考慮しなければならないのは言うまでもありません。そこで、分散投資を活用してみるのも良いかもしれません。分散投資とは、投資先を一つにするのではなく、分散させる事で、投資リスクを軽減しようというものです。

投資にはリスクがつき物だとお話しましたが、いつリスクになるのか解らない点もまた、投資の特徴と言えます。先の事など解らないのですから、これは仕方ない話ではありますが、だからこそ投資先を分散させる。それにより、それぞれリスク・リターンのタイミングが異なるのですから、リスクの時には何もしない。

また、精神的な面に於いても、一つが駄目でも他があると考える事が出来るようになりますのでその点も大きなメリットと言えるでしょう。ですので、分散投資を考えてみるのも決して悪いものではなく、むしろ有用なものになるはずです。

海外投資の「誠実」とは

商売を行う上で大切な事は利益を出す事はもちろんですが、やはりお客様に対する誠意です。誠意がなければ相手からの信用を得る事が出来ません。

その点では誠意というのはとても大切なものなのですが、金融機関においてもこれは同様です。お金を運用するのですから、金融機関ほどお客からの誠意がとても大切なものである事は言うまでもないのですが、近年では海外の投資会社も日本に登場しています。海外だからお客様の事など食い物程度にしか考えていないのではないか。つまりはあまり誠意が無いのではないかと考えている人も多いようですが、これは実は誤解です。

むしろ海外投資会社の方が顧客に対して誠実なのです。金融機関に於ける誠実さというのは、言葉で謝ったりフォローする事以上に資産運用です。お客から預かったお金をどのように運用するのか。増やせば信用を得ますし、減らせば信用を損ねます。その点ではとても簡単な話しですが、海外投資の方が利益に対して貪欲ですので、お客からの信用を得やすいのです。

言い換えれば、利益に貪欲という事は、それだけお客様に「誠意」を示そうとしているという事でもありますので、海外投資の方が信用出来るという人も多いのです。